昭和の子供たち~その6~ 最後の授業(後編)

河井酔茗による『ゆずりは』を読み終えた私の元へ、学級委員の2人が来てこう言った。
「先生、私たちからの 『最後の授業』があります。音楽室へ移動してください」
いつのまにか教室には、学級委員の2人と私の3人だけで、他の子どもたちはいなくなっていた。
学級委員の2人に導かれて、私は音楽室へ向かった
子どもたちは、拍手と笑顔で私を迎えてくれた。
とまどう私の頭の中では「……?」という疑問符が浮かんでいた。
とまどう私を目の前にして、女子生徒の弾くピアノの音が美しく流れ、クラスの生徒たちが全員で静かに歌いはじめた。

この広い野原いっぱい
咲く花を
ひとつ残らず
先生にあげる
赤いリボンの花束にして……

全員が1本ずつ花を持ち、歌いながら順に私に渡してくれた。
最後には赤いリボンで、大きな一つの花束にしてくれた。
そのあとも「だから私に手紙を書いて」という声が、一段と大きくなっていった。
私も大きな声で「手紙を書いて」と続けた。
胸いっぱいとなった私が、心に40数本からなる大きな花束を抱えたまま子どもたちからの「最後の授業」は終わった。
四十数年経った今も、熱い思いが身体中に流れる「最後の授業」であったと思う。
【谷倫】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る