文人の見た理想郷

岩槻ゆかりの文人に、児玉南柯がいる。近現代では詩の槇晧志、短歌の大西民子、俳句の水原秋桜子、加藤楸邨は岩槻を詠んでいる。
南宋(なんしゅう)画家の中村餘余(よよう)は岩槻を「桃源郷」と表現した。
改修前の遷喬館にあった元荒川のふすま絵は常設展示したいものである。
岩槻を描いた作品の数々は宝である。
その一部は「文人の見た理想郷 いわつき」(人形のまちを創る会編)で紹介している。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. WEBらうんじ出店希望

    2018-10-9

    らうんじへのWEB出店

    WEBらうんじ出店希望申請フォーム 掲載ページサンプルなど詳しくはこちらをご覧下さい。→★ [c…
  2. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. クロマツの樹皮 今回は岩槻城址公園の「クロマツ」です。 公園内の公民館とピクニック広場の…
  2. 私は教員、管理職等を経験した後、現在、大学で講義をしたり、学生の相談に応えたりしています。 非…
  3. 目白大学には学生の主体性と可能性を伸ばすために、学生が考える企画を大学側が支援するという「SPI…
  4. ちゃんこぽんちーの相撲フィットネス 2年前のさいたまトリエンナーレ2016で、岩槻の笹久保…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る