悪天候の続いた10月 各イベントにも影響を残した

今年(平成29年)の10月は、秋の長雨に台風21号や22号がやってくるという悪天候が続いた、
さいたま市の発表によると、台風21号では大雨・洪水警報や強風注意報が発令された。自然災害の比較的少ない岩槻でも、徳力地区で住宅の浸水被害が出たほか、道路冠水や倒木などが発生。続く台風22号でも道路冠水が発生した。
気象庁のデータによれば、日照時間は平年の76%程度、降水量は約3倍となっている。直接的な被害のほかにも農業などへの被害が予想され、生活に与える影響も少なくないだろう。
こうしたまれにみる天候の変化は、開催が予定されていた数々のイベントに大きな影響を与えた。
平成29年10月7日(土)から15日(日)まで開催された「第4回重陽の節句」、「第3回創作人形フェスティバル」は、期間中ほぼ降雨となった。
平成29年10月15日(日)の「岩槻やまぶきまつり」も雨の中での開催となり、10月21日(土)から22日(日)の「南下新井のコスモスまつり」は中止に。10月29日(日)に予定されていた「いわつきマルシェin目白大学」も中止となった。
他にも予定されていたイベントは数々あったが、心待ちにしていた市民や、準備を進めてきた関係者からは落胆の声も聞かれた。天候は仕方ないものの、今年ほど晴れ間を望む年もなかっただろう。

【編集部・小澤】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 武蔵第六天神社の灯火船(ともしびぶね) …
  2. 岩槻城址公園はその名の通り岩槻城の跡で、今でもお堀や土塁が残っています。 昔から「おはやし公園」と…
  3. サルビアが見頃 大宮花の丘 西区 …
  4. 元荒川和船まつり
    元荒川和船まつりが平成30年7月28日(土)と29日(日)、両日ともに10時から16時まで、末田…
ページ上部へ戻る