季節の変わり目 お彼岸の由来知ってますか?

まもなくお彼岸です。お墓参りしてますか? 
日本では仏教の文化が深く根づいているため、先祖を敬うという思いがありますね。
そもそもお彼岸とは仏教のしきたりです。
春と秋にあります。
「暑さ寒さも彼岸まで」というように、季節の変わり目でもあります。
四季のある日本では、「暦」の通りに、いろいろな行事をしてきました。
やはり、日本人は、神仏を信仰しているのだと思います。
人は、亡くなると、三途の河を渡るといいます。六文銭の巾着を持って「彼の岸」に渡るのでしょう。
「お彼岸」には、お供え物をします。
みなさんは「ぼたもち」と「おはぎ」の違いは分かりますか? 
春は「牡丹」、秋は「萩」、両方の花に似ていることに由来しているそうです。
赤色は魔除けの意味があるそうで、「小豆」が使われるのは、そのためのようです。
宗派によって、法要の仕方などは多少違うと思いますが、先祖を敬うのは大切なことだと思います。
最近では「永代供養」や「しまい墓」など、お墓に対する考え方も変わってきているようです。
それぞれの考え方で人生そのものに向き合うのも、いい機会かもしれませんね。
【kuri・chan】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る