子ども奮闘記 「落ち着きのなさへの寄り添い方」

らうんじ【岩槻】特別編集ページtamakoti

学童保育で働いた経験から感じたことを綴る実践の日々の記録です。

広汎性発達障害という診断名の障害を持つ子供と関わったことがありました。
特定の刺激へのこだわり、コミュニケーションの難しさ、情動コントロールの波。
そういうものが傾向としてはあるのですが「個性」と「障害」を見極めようとふれあってきました。
ボールをずっと持って放さないとか、顔に投げてきたりとか、感情的になって叫んだりとか、トイレに手袋をなげたり。
注意したことに対して「やったよ」とわざわざ見せに来たり。さまざまことがあり、関わり方と理解の仕方に悩んでばかりでした。
そこには、成育歴の中で保護者の方との関りから生じるものがあったのかもしれませんが、利用者の状態を伝える時には配慮が必要です。
「あなたのお子さんがこんな状態ですよ」と言われても、それはまるでクレームを言われているような気持になるかもしれません。
「自分の子育ての欠点を指摘されている」と思うかもしれません。
いずれにしても、そこに否定的なニュアンスを含めることはないように、最大限の配慮が必要になります。
その子供との関りの中で色々な体験を振り返り、適切に行う関係が、きっと大事だったのだろうと思うのですが、当時の私は、行動の指摘や改善、制限を主に目的とした声掛けをしていて、表面的にしか関われなかったように感じています。
食器を雑に片付けていたときは、教科書の知識を参考に、具体的に短く伝えればわかってもらえると思ったのですが「うるさい」と言われただけでした。
関係を築くことよりも、正しい関わり方を求めていて、本当に大切なことに気付くには時間が必要でした。
その子には怒られたり注意されることへの過剰な恐怖心があったのでしょうし、怯えのようなものは、不安や、感情の落ち着きのなさに繋がります。
こだわりは問題行動に見えますが、それは自分を安定(安心)させるために、本人にとって必要なことかもしれません。
どうしようもない感情(怒り)をトイレにぶつけたのなら、そこに至る前での心のモヤモヤ(葛藤)を解決しないといけなかったのです。
本人が落ち着いていられる場所づくりを心がけるのも大事です。
叫ぶ時に「静かにしなさい」と注意をするより「どうしたの?」や「どこなら落ち着ける?」という寄り添うやりとりを、大切にするべきでした。
【ともくん】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2020-5-25

    コロナで使えるLINEスタンプ

    コロナで使えるLINEスタンプ 医療関係者に感謝、テレワークで使えるLINEスタンプの紹介です! …
  2. しっぽフェスタ中止

    2020-4-25

    お寺Deしっぽフェスタ開催中止いたします!

    コロナの影響により、お寺Deしっぽフェスタは、開催を中止いたします! 楽しみにしていた方々、及び関…
  3. 珠花散骨

    2020-2-27

    春日部小淵山観音院にお参りの出来る散骨OPEN!

    お参りの出来る散骨OPEN! 春日部で由緒ある小淵山 正賢寺 観音院にて珠花散骨とペットの合祀墓、…

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間で…
  2. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  3. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  4. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…
  5. 「WEBらうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております。 バナー作成も致し…

岩槻について

  1. 純米酒「岩槻黒奴」
    岩槻について 岩槻区(いわつきく)は、埼玉県さいたま市を構成する10区のうちの一つです。 さいた…
  2. 城址公園の桜
    岩槻の主な観光スポット ◆ 岩槻城址公園 ◆ 所在地 : さいたま市岩槻区太田3-4 東武野田…
  3. 岩槻の主なイベント ◆人形のまち岩槻まちかど雛めぐり【2~3月】 2月中旬~3月中旬に開催。 …
  4. 情報誌「らうんじ」とは、埼玉県さいたま市岩槻区を中心に、3万1千世帯へ月1回「直接ポストイン」してい…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る