乙女の意志を継いだ 暑さに憩う水辺の花・睡蓮

らうんじ【岩槻】特別編集ページtamakoti

夏、水面に漂う涼しげな雰囲気を漂わせるスイレンは、印象派の画家クロード・モネも愛した花。
花名の由来は、夕方に閉じる(睡る)ことからといわれています。
開花時期は5月~9月で、岩槻の城址公園にある睡蓮も、この頃は見ごろではないでしょうか。
俳句では夏の季語です。
逸話にはこのようなものがあります。遠い昔、湖のほとりにワヲタ(太陽)という酋長と恋人の美しい乙女がいましたが、乙女の両親は二人の交際に反対しました。
彼女は悩み苦しんだ末に湖に身を投げてしまいます。
ワヲタは彼女を救い出そうとしましたがその姿は消え、スイレンが咲いていました。
スイレンはワヲタ(太陽)の暖かさで花を開き、日が沈むと眠るようになったといいます。
朝に花を開き、夕方に花を閉じるスイレンは古代エジプトの太陽のシンボルです。
「信仰」の花言葉もこれにちなむといわれます。
「清純な心」の花言葉は、野生のスイレンの多くが白い花であることに由来します。
代表的な花言葉は「清純な心」「信頼」「信仰」。
色ごとに見てみると、白色だと「純粋」と「潔白」。
ピンク色だと「信頼」で、黄色だと「優しさ」「甘美」となります。
また、スイレンの花言葉に関連する名言もあり、ドイツ出身の詩人・作家・ジャーナリストであるハイネは「女というものは、どこまでが天使で、どこからが悪魔なのか、はっきりわからないものなのだ。」と残しました。
さて、あなたにとって、「女」とは、いかなるものでしょうか。
【さかい】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. WEBらうんじ出店希望

    2019-6-10

    らうんじへのWEB出店

    WEBらうんじ出店希望申請フォーム掲載ページサンプルなど詳しくはこちらをご覧下さい。→★[conta…
  2. 2019-6-10

    福祉作業所「ふくふく」

    【参加予定】8/18㈰岩槻祭り(市宿通り) 8/31㈯目白大学流しそうめん地元の福祉作業所「ふくふく…

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  2. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  3. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…
  4. 「WEBらうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております。 バナー作成も致し…

岩槻について

  1. 純米酒「岩槻黒奴」
    岩槻について 岩槻区(いわつきく)は、埼玉県さいたま市を構成する10区のうちの一つです。 さいた…
  2. 城址公園の桜
    岩槻の主な観光スポット ◆ 岩槻城址公園 ◆ 所在地 : さいたま市岩槻区太田3-4 東武野田…
  3. 岩槻の主なイベント ◆人形のまち岩槻まちかど雛めぐり【2~3月】 2月中旬~3月中旬に開催。 …
  4. 情報誌「らうんじ」とは、埼玉県さいたま市岩槻区を中心に、3万1千世帯へ月1回「直接ポストイン」してい…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る