タイプライターの音 奥が深い作曲の妙

らうんじ【岩槻】特別編集ページtamakoti

小さいころから音楽に親しみ、音響の仕事や「さいたまトリエンナーレ2016」など、
アートプロジェクトを機に、色々な音楽に出会った私が、音楽との繋がりを綴ります。

作曲家は身近なものにヒントを得て作曲をしていく。
それは何がヒントになるか分からないから、新しいものをどんどん吸収しようとする。
場所や人の考え方や自然や文化、空気に至るまで。
なので、クラシックだろうがPOPSだろうがよくよく考えてみればこれらは私たちの日常にあったものが原点なのである。
ルロイ・アンダーソン作曲『タイプライター』という曲がとても分かりやすい。
私がとても好きな曲だ。
単純にタイプライターを叩いている音や風景をそのまま音楽にした曲で、とてもコミカルで面白い。
タイプライターを叩く音だけでなくて、タイプ部分が右にくると鳴るあの「チーン」という音や、1行打ち込んだ後で紙を固定するシリンダーを次の行の先頭に戻すレバー操作の音まで入っている。
今じゃパソコンのオフィスワークだし、在宅勤務していることが当たり前だが、作曲された1950年当時はオフィスにはタイプライターが当たり前にあってビジネスマンがカタカタ忙しく叩いていたのだろう。
同じように今、オフィスの中をモチーフにして作曲したら何か別の『タイプライター』ができるのかも知らないなと思うとちょっとワクワクする。
これを聞きながら、私は、作曲はできないけれど、コミカルに色々なことを表現できたらいいなとふと思うようになった。
(うえぽん)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2020-5-25

    コロナで使えるLINEスタンプ

    コロナで使えるLINEスタンプ 医療関係者に感謝、テレワークで使えるLINEスタンプの紹介です! …
  2. しっぽフェスタ中止

    2020-4-25

    お寺Deしっぽフェスタ開催中止いたします!

    コロナの影響により、お寺Deしっぽフェスタは、開催を中止いたします! 楽しみにしていた方々、及び関…
  3. 珠花散骨

    2020-2-27

    春日部小淵山観音院にお参りの出来る散骨OPEN!

    お参りの出来る散骨OPEN! 春日部で由緒ある小淵山 正賢寺 観音院にて珠花散骨とペットの合祀墓、…

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間で…
  2. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  3. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  4. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…
  5. 「WEBらうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております。 バナー作成も致し…

岩槻について

  1. 純米酒「岩槻黒奴」
    岩槻について 岩槻区(いわつきく)は、埼玉県さいたま市を構成する10区のうちの一つです。 さいた…
  2. 城址公園の桜
    岩槻の主な観光スポット ◆ 岩槻城址公園 ◆ 所在地 : さいたま市岩槻区太田3-4 東武野田…
  3. 岩槻の主なイベント ◆人形のまち岩槻まちかど雛めぐり【2~3月】 2月中旬~3月中旬に開催。 …
  4. 情報誌「らうんじ」とは、埼玉県さいたま市岩槻区を中心に、3万1千世帯へ月1回「直接ポストイン」してい…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る