しし座が浮かぶ にぎやかな春の星空

4月の夜は西の空がにぎやかです。
日没で現れる明るい1等星は7個もあり、線で結ぶと、冬の大三角や冬のダイヤモンドと呼ばれる三角形や六角形になります。
今年は、火星も一緒に輝きます。
最初に沈むのはオリオン座。太鼓に見立てられ、つづみ星とよばれていました。
くびれ部分は、等間隔に美しく星が並ぶ「三ツ星」です。
空に昇って来るときも真東から縦に、三星が順に出てくるので、古くから船乗りには方角の目あて星とされてきたようです。
東の空では、北斗七星から延びる春の大曲線が見えるようになってきました。
頭上には獅子の大鎌がよく見え、しし座がゆうゆうと座っている姿が浮かび上がっています。
夜空には、航海の目あてとなる星が古くからあります。
例えば、北極星は地球の地軸の延長上、つまり天の北極で輝いているので、時間が経っても季節が変わっても、真北の空で動かずに北の方角を教えてくれます。
ただ、天の北極の位置は2万6千年周期で移動しているので、目に見える星がそこにない時代もありました。
3万2千年前は、3等星の少し暗い星が天の北極で輝いていましたが、それでも北斗七星から見つけ出せました。
古代の人々も同じように工夫し、探し出したのでしょう。
そういえば、星は占いにも使われますね。星はいつだって何かを導いてくれます。
それは方向だったり未来だったりします。
それらが私たちの頭上を取り巻いているなんて不思議ですね。
【さかい】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2020-5-25

    コロナで使えるLINEスタンプ

    コロナで使えるLINEスタンプ 医療関係者に感謝、テレワークで使えるLINEスタンプの紹介です! …
  2. 珠花散骨

    2020-2-27

    春日部小淵山観音院にお参りの出来る散骨OPEN!

    お参りの出来る散骨OPEN! 春日部で由緒ある小淵山 正賢寺 観音院にて珠花散骨とペットの合祀墓、…
  3. WEBらうんじ出店希望

    2019-6-10

    らうんじへのWEB出店

    WEBらうんじ出店希望申請フォーム掲載ページサンプルなど詳しくはこちらをご覧下さい。→★[conta…

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間で…
  2. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  3. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  4. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…
  5. 「WEBらうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております。 バナー作成も致し…

岩槻について

  1. 純米酒「岩槻黒奴」
    岩槻について 岩槻区(いわつきく)は、埼玉県さいたま市を構成する10区のうちの一つです。 さいた…
  2. 城址公園の桜
    岩槻の主な観光スポット ◆ 岩槻城址公園 ◆ 所在地 : さいたま市岩槻区太田3-4 東武野田…
  3. 岩槻の主なイベント ◆人形のまち岩槻まちかど雛めぐり【2~3月】 2月中旬~3月中旬に開催。 …
  4. 情報誌「らうんじ」とは、埼玉県さいたま市岩槻区を中心に、3万1千世帯へ月1回「直接ポストイン」してい…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る