こどもの心に種をまこう 100万回も生きたとら猫

100万回も死んで、100万回も生きた、目力強く立派なとら猫は、いつだって飼い主にとても愛されていました。
とら猫が死んだとき、彼を愛していた飼い主たちはどれだけ泣いたことでしょう。
愛する相手との永遠の別れは、とても辛いものですよね。
でも、とら猫は1回も泣きませんでした。
どんなに飼い主に愛されていたとしても…。
とら猫は、なぜ100万回も生きたのでしょう。
それはきっと、何度生まれ変わっても知ることができなかった大切な気持ちを知るために。
理屈ではなく、心の奥の方から湧き上がる気持ち。
ラストの1文が心にじんわりとした余韻を残します。
読んだことがある方も、ぜひもう1度読んでみてください。
大切に思っているあの人に、プレゼントするのもいいかもしれないですね♪
この記事を読んでくださっているみなさんが、人を愛し、愛されて、幸せでありますように。
【なっきぃ】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 共栄大学ジャズサークル
    共栄大学ジャズサークル 紺野トリオ 「岩槻駅東口クレセント・モール」で平成30年…
  2. かみしもどーる
    清水勇人さいたま市長への贈呈式の様子 岩槻人形協同組合と文京学院大学との連携により誕生した…
  3. 朝顔市
    昨年開催の様子 平成30年7月1日(日)の午前9時から午後2時まで、岩槻駅東口クレセントモ…
  4. 元荒川と黒浜の田んぼ。 東岩槻の工業団地を西へ抜けると、蓮田市黒浜の田んぼが広がる。 元荒川( …
ページ上部へ戻る