お正月の風物詩 お年玉の「ポチ袋」の意味は?

ぽち袋

新年、あけましておめでとうございます。 
みなさん、子どもの頃、お正月はお年玉をもらうのが楽しみでしたよね?
現在のようにもっぱら、子どもにお金をあげるようになったのは昭和30年代後半(高度経済成長期)のようです。
お正月というのは、新しい年に新年の神様である「年神様」を家に迎えて、もてなし、見送る行事でした。
「年神様」から、その年の生きる力や気力である「魂」を分けていただくのだそうです。
鏡餅には、その「年神様」の「魂」が宿るといわれています。
「年神様」の「御魂」が宿る餅玉を「お雑煮」にして食べる習慣があるのですね。
餅玉を食べることは「魂」を取り込むことになるのです。
この「御年魂」が「お年玉」と表記されるようになったのは「玉」には「魂」という意味が込められているからです。
日本人は無宗教の方が多いのですが、同時に多神教でもあるのではないでしょうか。
神仏ともに信仰し、万物に神が宿るとも考えられます。
ちなみに、お年玉袋のことを「ポチ袋」というのはどうしてでしょう。
『語源由来辞典』によると「ポチ」は関西の方言で、芸姑や茶屋オンナなどに与えるご祝儀のことだったそうです。
ひじょうに少ないことを意味する言葉として「これっ【ぽっち】」も使われますが、「ポチ」には「小さな点」や「ほんのわずかな金額」という意味もあるといいます。
最近では「お盆玉」なんていうものまであるようで、おじいちゃんやおばあちゃんたちは、孫には会いたいけれどお財布の中身がたいへん……なんて意見もあります。
お金のやりとりであっても、由来を知ってみると、日本らしさが感じられて、少しおごそかな気持ちにもなりますね。
【Kuri−chan♪】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 共栄大学ジャズサークル
    共栄大学ジャズサークル 紺野トリオ 「岩槻駅東口クレセント・モール」で平成30年…
  2. かみしもどーる
    清水勇人さいたま市長への贈呈式の様子 岩槻人形協同組合と文京学院大学との連携により誕生した…
  3. 朝顔市
    昨年開催の様子 平成30年7月1日(日)の午前9時から午後2時まで、岩槻駅東口クレセントモ…
  4. 元荒川と黒浜の田んぼ。 東岩槻の工業団地を西へ抜けると、蓮田市黒浜の田んぼが広がる。 元荒川( …
ページ上部へ戻る