あなたの心にきっと届く 新鋭作家の紡ぎ出すポエム 詩人=大野弘紀【30年4月号】

あなたの心にきっと届く新鋭作家の紡ぎ出すポエム
詩人=大野弘紀


 

「その塔について」
~玄奘塔に寄せて~

歴史を辿ると
戦禍の影がちらつく

それは
唐の時代の物語
長安から始まった
旅の軌跡

死後も時代は
変遷していく

宋の時代に
長安から南京へ
太平天国の乱に
埋もれ
南京で再び目覚めるまで

二度の世界大戦を経

それは
生き延びたと言って
いいのか

眠れる死者が失われることなく
この世に残り続けることを

海を隔てた国と国
人と人の繋がりが
彼を見つけたのなら
今も残り続ける
その塔は 一体何を
意味するのだろう

「西遊記」
~玄奘塔に寄せて

それは巡礼の旅
仏跡が呼んだ志
砂漠を渡り
草原をひた進み
峰々を超え
シルクロードを辿り聖地へ赴き
サンスクリットを持ち帰る
128の国を跨ぎ
3万の距離を進む

それは西だという
回覧と呼ぶには
彼は孤独であり
遊覧と呼ぶには
あまりに過酷だった


それは一人の人間が
理想と矜持をもって
先人の意思を
継承する物語
たった一人の
携えた数々の言葉が
一つの世界観を
新たにした軌跡

新たに訳され
人の心に渡され
死者を弔い
世界の在り様を説き
全ては流れ移ろう
人の心の儚さと
空の永遠を詠う

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る