「花のお話~金木製~」

金木犀は開花すると花房についているたくさんの蕾が次々と咲き、枯れることなく4~5日で花びらを散らせます。
最初の開花から2週間ほどですべての花を散らし、木の下はまるで金色の絨毯を敷き詰めたようになります。
美しくて香り豊か、そして儚い花です。
名前の由来は、樹皮の模様が動物のサイ(犀)の皮のように固くて厚いところが似ていることと、花の色である黄色(金)を組み合わせて名前が付けられたといわれています。
開花の時期はまだ夏の暑さの名残りが残る頃、甘い香りと共に秋の空気を感じさせてくれます。

【花言葉】

「陶酔」
甘く濃厚な香りに由来しています。
「初恋」
1度嗅いでしまったら決して忘れることの出来ない甘い香りは「初恋」と似ているかもしれません。
「真実の愛」
その香りは数キロも離れた遠方まで届くと言われており、離れていても甘く香る金木犀の姿を愛しい人と重ね合わせ、香りの強さが恋人への愛情の深さや、思い・逆に恋人からの思いに重なる事で「愛」を連想させます。
「謙遜・謙虚さ」
香りの強烈さに比べ、あまりに見た目が遠慮深いことと、一斉に咲いて一斉に散る様子から生まれました。
「気高い人」
花の散り行く姿が、高貴な潔い人を連想させます。

一つの花からいろいろなイメージを持たせてくれる金木犀、あなたはどんなイメージがしっくりきましたか?
【ひろき】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る