精巧な鎧兜を現代に 三世 別所実正師の個展

片手に収まるほどの大きさながら、隠れた部分まで精巧に再現されている

当代甲冑師の第一人者である三世 別所実正師の個展が平成29年5月29日(月)から6月4日(日)にかけて、岩槻駅東口前にある東玉総本店3階で行われた。
初の個展となる今回は、実正師の兜の作品を中心に展示が行われた。
実際に足を運んでみて驚いたのは、戦国時代後半から江戸時代までの名を馳せた武将たちの兜を忠実に再現し、手のひらに乗るサイズにまで作り込んでいたことである。
取材当日、実正師と奥様が会場にいたので作品づくりについて尋ねると「鎧兜が製作された当時の作り方を再現しています。見えないところまできちんと作り込むのは、手を抜いると思われたくないからです」と語ってくれた。
精巧な鎧兜づくりの背景では「文献を調べ上げ、実物を見る。
そして、目に焼き付けたものを作品づくりに活かす」という徹底した心構えを貫いているそうだ。
職人を支える実正師の奥様は「作業中は集中力を高く保っているので、話しかけることはありません。
黙々と作業する音が、聞こえてくるだけです」と実際の製作時の様子を伝える。
この話を伺い、ふと思い浮かんだのた「転職」という言葉だ。
初めての個展ということであったが、この素晴らしい技術を伝えるべく、新たにまた開催されることを願いたい。
【編集部・小澤】

取材に応じてくれた三世 別所実正師。戦国時代からの伝統を受け継ぐ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る