愛宕神社で大雛壇 総勢700体が 並ぶ!

提供された多くの雛人形

人形のまちならではの企画「押し入れの人形に光を当てる」
愛宕神社の拝殿へ向かう石段に、市民から提供された人形による「大雛段」が作られる。
今月、平成29年2月25日から開催される「まちかど雛めぐり」に合わせたこの企画は、「しまわれたままのお雛様にふたたび明かりを」というねらいで、各自治会の回覧板で募集されたものである。
当初、目標とされていた700体にも及ぶ人形が、周辺住民より提供された。
主催する岩槻中心市街地まちづくり協議会の大塚勇会長は「来年以降もオリジナリティのある企画として継続していきたい」と意欲を示す。
雛段といえば、毎年夏に行われる「ジャンボ雛段」も目立つが、昨今は、鴻巣や千葉県勝浦市、静岡県袋井市などでも観光の目玉として取り組んでいる自治体も多い。
そのような現状がある中、大塚会長は「地域の人たちに喜んでもらえれば」と話す。
実際、核家族化やマンションへの引っ越しにともない、押し入れにしまわれたままの雛人形にふたたび光が照らされるとあり 、地元提供者からはたいへん好評なようだ。
さらに、募集を開始したのが昨年暮れからだったことから、愛宕神社への来訪者数も例年より格段に上がったという。
また、幅1.9メートル、27段からなる石段に並ぶ700体の人形は、配置や固定のしかたなどを岩槻で活躍する人形師により監修される。
古くからの伝統が残る人形のまちだからこそできる、きめ細やかな配慮もみどころの一つだ。
初日の2月25日には、近隣の白菊幼稚園の園児たちによる鼓笛隊演奏や、地元団体によるよさこい演舞も披露される予定。
甘酒なども振る舞われるため、ぜひ足を運んでみてはいかがだろうか。

人形師の手により一体ずつ丁寧に 補修が施される

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. WEBらうんじ出店希望

    2018-10-9

    らうんじへのWEB出店

    WEBらうんじ出店希望申請フォーム 掲載ページサンプルなど詳しくはこちらをご覧下さい。→★ [c…
  2. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る