岩槻城址公園の赤松 記録的な大雪に耐えられず……

大雪の翌日。かろうじて立つ赤松には強さも感じられる

平成30年1月22日から23日の未明にかけて、本州の南海上を低気圧が通過した影響で大雪に見舞われた。
記録では2014年2月以来、4年ぶりに東京でも20センチを超える積雪を観測するなど、関東地方でも一面真っ白になったのは記憶に新しい。
ちょうどその当日、岩槻城址公園の八つ橋のたもとにあった象徴ともいえる大きな赤松が、枝に積もった雪の重さに耐えきれず写真のような姿で倒れていた。
元気な松だからこそ、上部の枝葉が茂り雪も積もりやすくなっていたようだ。
これまでも積雪には耐えてこられたはずなのだが、木の成長によって重心がずれてきたのも原因のひとつかもしれない。
幸いにも下の伸びた枝が突っかい棒になり完全な倒壊には至っていない様なので、公園管理の方には倒れた状態でもよいのでぜひとも残してもらい、赤松の復活の成長を見届けていきたい気持ちもある。
尚、公園の八つ橋は、現在塗装工事が進められており2月末には終わる予定だと現場にいた方が話してくれた。
【編集部:奥山/当日の写真提供:黒奴保存会・加藤氏】

八つ橋は2月末以降に本来の景観を取り戻すようだ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. WEBらうんじ出店希望

    2018-10-9

    らうんじへのWEB出店

    WEBらうんじ出店希望申請フォーム 掲載ページサンプルなど詳しくはこちらをご覧下さい。→★ [c…
  2. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 先に行われた「重陽の節句」イベントでは、市松模様の衣装を着た人形が展示されていましたが、2020年に…
  2. 2018/11/10

    コスモス祭り
    南下新井  コスモス祭り   (10 月20~21 日) 日本の秋の代表的な花にコスモスが…
  3. 釣上地区で行われた子どもたちの土俵入り 日本の国技である相撲。 岩槻にもその伝統を継ぐ行…
  4. 孔雀の舞尾羽根を広げて舞う 様子(写真提供:久伊豆神社) 宮町の久伊豆神社では、1938(…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る