岩槻の純米酒「岩槻黒奴」 発売からのその後を追った

今年、平成29年6月に発売された岩槻ならではの純米酒「岩槻黒奴」。
発売当初に本紙で紹介したので、記憶に残っている読者もいるだろう。
製造や流通、販売といったすべてを地元企業が担う地域ブランド品。
発売からのその後を中心的な役割を担った、発売元である吉良屋酒店の若旦那に取材した。
当初、一升瓶(1・8リットル)でスタートしたが、お土産用に容量の小さいものをと望む声に応えて、4合瓶(720ミリリットル)をラインナップに加えたという。
お店での販売も当初は手探り状態であったが順調に販売を続けているそうだ。
飲食店も岩槻駅東口周辺を中心に当初予想していた2倍にあたる10店舗に拡大。
どの店舗でも、グラス1杯単位での販売を行っている。
知名度を高めるために、平成29年10月15日(日)に開催される区民やまぶきまつりでは、体育館のメインアリーナ会場へ出店。
その後は11月3日(金・祝)開催の「ふれあいフェスタ・ひなマルシェ」でも岩槻小学校会場に出店する予定だ。
【編集部・小澤】

純米酒「岩槻黒奴」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る