岩槻にも残る縄文時代 真福寺貝塚が読売新聞に掲載

岩槻の真福寺貝塚を取り上げた「縄文期の内陸 どう製塩」という記事が、平成30年1月17日付の読売新聞朝刊で文化欄に掲載された。
真福寺貝塚は、さいたま市の平成27年度「史跡 真福寺貝塚保存活用計画」にもとづき発掘調査が行われており、「最新出土品展2017」では岩槻郷土資料館でも展示が行われたことが記憶に新しい。
この調査により、縄文時代後期の海から離れた内陸部での製塩方法について、示唆する発見があった。真福寺貝塚の3600年前の縄文時代後期の灰の層に、縄文の製塩遺跡からも見つかっているウズマキゴカイの焼けた殻が含まれていたことから、藻灰を用いた製塩を行っていたとみられることが分かったという。
真福寺貝塚は縄文後・晩期に、1400年も人が住み続け、国の史跡に指定され重要文化財の「みみずく土偶」(岩槻駅東口にレプリカが展示されている)や漆塗りの木製品が出土している。
この貝塚の調査により発信される古代の情報に接すると、当時の生活、文化、集落間の経済活動など様々な事柄に思いを巡らすことができて楽しくなってくる。【編集部・小澤】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 共栄大学ジャズサークル
    共栄大学ジャズサークル 紺野トリオ 「岩槻駅東口クレセント・モール」で平成30年…
  2. かみしもどーる
    清水勇人さいたま市長への贈呈式の様子 岩槻人形協同組合と文京学院大学との連携により誕生した…
  3. 朝顔市
    昨年開催の様子 平成30年7月1日(日)の午前9時から午後2時まで、岩槻駅東口クレセントモ…
  4. 元荒川と黒浜の田んぼ。 東岩槻の工業団地を西へ抜けると、蓮田市黒浜の田んぼが広がる。 元荒川( …
ページ上部へ戻る