宣言解除後初の週末 街中の飲食店で聞いた声

5月25日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が解除された。
政府の発表からおよそ1ヶ月半。少しずつ日常を取り戻しつつある一方で、新しい生活様式が求められる今、いまだ緊張感がただようのは読者の多くも実感しているかもしれない。
緊急事態宣言の解除から初めて迎えた週末、岩槻駅前を歩いてみると心なしか人通りはまばらだった。
コロナ禍での警戒心がいまだ残っているのか。
それとも、自粛生活の疲れをわずかでも癒やそうと、車などで遠方へ足を運んでいるのか。
いずれにせよ、マスクを着けたままの日常は今後も変わらない気配がただよっていた。
コロナ禍の影響はどれほどかとも気になり、とある飲食店を尋ねた。
従来は居酒屋として営業していた店舗であったが、緊急事態宣言を受けて客足が減り、現在はランチタイムの営業やデリバリーにも力を入れ始めたお店だ。
店主に話を聞くと「明らかに売上げが減ったよね」と、笑いながらもどこか寂しげな目で話してくれた。
宣言下では、自粛を求められながらも「店を閉めればそれこそ稼ぎがゼロになる」と苦渋の思いで、営業を続けていたという。
飲食店は、店をたたむにもお金がかかる場合がある。
テナントをまっさらなままにして返すには工事費がかかるため、営業を続けなければならないのだ。
いつ終息するのかは、おそらく誰もが案じているはず。
葛藤を抱えながらも、今なお生活を続けるために日々、奮闘している人たちもいる。
【筆乃弘法】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2020-5-25

    コロナで使えるLINEスタンプ

    コロナで使えるLINEスタンプ 医療関係者に感謝、テレワークで使えるLINEスタンプの紹介です! …
  2. しっぽフェスタ中止

    2020-4-25

    お寺Deしっぽフェスタ開催中止いたします!

    コロナの影響により、お寺Deしっぽフェスタは、開催を中止いたします! 楽しみにしていた方々、及び関…
  3. 珠花散骨

    2020-2-27

    春日部小淵山観音院にお参りの出来る散骨OPEN!

    お参りの出来る散骨OPEN! 春日部で由緒ある小淵山 正賢寺 観音院にて珠花散骨とペットの合祀墓、…

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間で…
  2. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  3. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  4. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…
  5. 「WEBらうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております。 バナー作成も致し…

岩槻について

  1. 純米酒「岩槻黒奴」
    岩槻について 岩槻区(いわつきく)は、埼玉県さいたま市を構成する10区のうちの一つです。 さいた…
  2. 城址公園の桜
    岩槻の主な観光スポット ◆ 岩槻城址公園 ◆ 所在地 : さいたま市岩槻区太田3-4 東武野田…
  3. 岩槻の主なイベント ◆人形のまち岩槻まちかど雛めぐり【2~3月】 2月中旬~3月中旬に開催。 …
  4. 情報誌「らうんじ」とは、埼玉県さいたま市岩槻区を中心に、3万1千世帯へ月1回「直接ポストイン」してい…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る