八雲神社本殿の彫刻は 神話が題材

八雲神社の本殿にある普段は見ることのできない立派な彫刻が、2020年2月22日(土)の「まちかど雛めぐり」で公開される予定だ。
それにちなみ、彫刻の説明パネルを作ったという話を氏子会総代・萩原さんよりお聞きしたので、取材してきた。
八雲神社の一帯は、地元では市宿と呼ばれている。
その起源は室町時代戦国後期といわれており、岩槻城主太田氏から市を開く許可がおり、大いに繁栄したところから呼ばれることとなったという。
神社には、市の守護神として「素戔嗚尊(すさのうのみこと)」が祀られており、「市神様」とも「天王様」とも呼ばれている。明治初年に改称し「八雲神社」となったのは、素戔嗚尊の歌にちなんだため。
本殿は明治期に再建されたものの、現在は通常、その周辺が囲われていて間近に見ることはできない。
御祭神の素戔嗚尊は日本神話に出てくる逸話の多い神様で「八岐大蛇(ヤマタノオロチ)」神話は知る人も多いだろう。
社殿にある彫刻はこの神話から題材をとったものだが、「八岐大蛇(竜の姿)」が右壁に。
「素戔嗚尊」が後壁で、「櫛名田姫命」が左壁に彫られています。
(次号に続く)

八雲神社の神社本殿
八雲神社の神社本殿

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2020-5-25

    コロナで使えるLINEスタンプ

    コロナで使えるLINEスタンプ 医療関係者に感謝、テレワークで使えるLINEスタンプの紹介です! …
  2. しっぽフェスタ中止

    2020-4-25

    お寺Deしっぽフェスタ開催中止いたします!

    コロナの影響により、お寺Deしっぽフェスタは、開催を中止いたします! 楽しみにしていた方々、及び関…
  3. 珠花散骨

    2020-2-27

    春日部小淵山観音院にお参りの出来る散骨OPEN!

    お参りの出来る散骨OPEN! 春日部で由緒ある小淵山 正賢寺 観音院にて珠花散骨とペットの合祀墓、…

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間で…
  2. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  3. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  4. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…
  5. 「WEBらうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております。 バナー作成も致し…

岩槻について

  1. 純米酒「岩槻黒奴」
    岩槻について 岩槻区(いわつきく)は、埼玉県さいたま市を構成する10区のうちの一つです。 さいた…
  2. 城址公園の桜
    岩槻の主な観光スポット ◆ 岩槻城址公園 ◆ 所在地 : さいたま市岩槻区太田3-4 東武野田…
  3. 岩槻の主なイベント ◆人形のまち岩槻まちかど雛めぐり【2~3月】 2月中旬~3月中旬に開催。 …
  4. 情報誌「らうんじ」とは、埼玉県さいたま市岩槻区を中心に、3万1千世帯へ月1回「直接ポストイン」してい…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る