今では珍しい「上棟式」を見学 木材の奥深さを知る

上棟式

最近見かけることの少なくなった「上棟式」が、岩槻城址公園近隣の住宅地の一角で行われた。そこは「日本の伝統建築 人生後半の住まい」という看板が目を引く場所だ。
材木商、建築業を営む木の博物館「木力館」の館長である大槻忠男さんの木材への熱い思いが形となった住宅でもある。
木材を求めて全国各地を訪れた大槻さんの約半世紀にわたる経験から導かれたのは、木は「土地の気候風土に合ったもの」で「樹齢の長いもの」が建築材として適しており、品質も高く「丈夫で長持ち」するというものである。
そして、国産材の活用は、林業の活性化や国土保全に役立ち、CO2排出量の削減など環境への効果も高い。
国産材は高価であるという先入観もあるが、住宅建築の費用に占める木材の割合は少ないため、建築費が大幅に上昇することはないという。
現代の住宅は、建材に化学物質が多用され、高額な機械設備が使われている。これらを生産するエネルギーは膨大だ。資源の持続的活用が図れる伝統的建築法は自然素材を活かしたエネルギー消費の少ない工法だと改めて気付かされた。
【編集部・小澤】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 武蔵第六天神社の灯火船(ともしびぶね) …
  2. 岩槻城址公園はその名の通り岩槻城の跡で、今でもお堀や土塁が残っています。 昔から「おはやし公園」と…
  3. サルビアが見頃 大宮花の丘 西区 …
  4. 元荒川和船まつり
    元荒川和船まつりが平成30年7月28日(土)と29日(日)、両日ともに10時から16時まで、末田…
ページ上部へ戻る