まちかど雛めぐりで 古の岩槻へタイムスリップ

まちかど雛めぐりに出かけてきました。
まず 最初に愛宕神社では700体ものお雛様が訪れた私たちを迎えてくれました。
27段の石段には赤の毛氈が上から下まで流れるようにひきつめられ、圧巻のお雛様のせいなのか上方の社屋も小さくみえます。
境内では無料の甘酒が振舞われ、甘酒をすすりながら1人1人の顔の表情や着物を観察するなどあっという間のひと時。
境内の屋台で昔懐かしい重曹饅頭が売られており、あんこの沢山入った饅頭を法ばりながら神社を後にしました。
その後、路地を抜け岩槻城址公園へと徒歩でむかいます。
公園の菖蒲池に近づいて行くと可愛らしい幼稚園児の鼓笛隊が奏でる音色が聞こえてきました。
その後、お祭り関係者の方々のご挨拶が行われ、少しずつ流しびなが水面に放たれます。
身の穢れや災いを人形に背負わせ、川や海に流すお祓いの行事だったというのが始まりだとか。
自分の分身に有難うの思いを込めて私も流しびなを水面に浮かべました。
昔の人の習慣や知恵に思いをよせる感動的な一日となりました。
今度は桜の咲くころが楽しみです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る