「純米酒 岩槻黒奴」 若旦那の語る発売への背景

純米酒「岩槻黒奴」

純米酒 岩槻黒奴」というお酒が平成29年5月18日に発売されたと聞いた。
黒奴と言えば、江戸時代岩槻藩総鎮守として神輿が町中を練り歩くとき黒い装束の奴さんが先振れの役目を務めたと言われる。
しばらく絶えていたが「岩槻黒奴保存会」が復活させ、久伊豆神社の祭礼や岩槻まつりなどのイベントで奴振りを披露しているので、ご存知の方も多いのではないか。
「岩槻黒奴保存会」で作られたのかと関係者に聞くと、直接の関係はないが、販売元となっている吉良屋酒店を教えられた。
久伊豆神社での「口開け式」に参加した吉良屋の若旦那に取材すると、地元の鈴木酒造への交渉やラベルの意匠など、自ら取り組んだとのことであった。
きっかけを尋ねると「岩槻駅前にホテルもでき、岩槻を訪れた方が地元で食事をとるとき、地酒やおいしい料理の提供ができたら良いねと料理については飲食店さん達ですが、地酒については、参加している飲食店さんから私に協力を求められたことがきっかけです」。
ラベルに岩槻黒奴を使用したことについて、「私も飲食店さんもこれまでにないものをと漠然と考えているなか、日本三奴の一つですから話題にもなるかなと……」。
なんとお導きがあったのか。
【小澤】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る