屋形船で舟下り 元荒川で和船まつり開催

元荒川和船まつり
最寄りの交通機関 東武バス 越谷/水上公園行き 巻の上バス停下車

「第6回元荒川和船まつり」が平成29年7月29日(土)、30日(日)、両日ともに午前10時から午後4時まで、岩槻区新方須賀のつきのき広場と大戸の武蔵第六天神社境内を会場に開催される。
ここは、末田須賀堰近くの元荒川左岸。
「まつり」では、屋形船に乗って、岩槻藩の文人、児玉南柯の七夕の舟下りを体験するなど、水に親しむことができる。
実行委員会の小宮彰氏は、「岩槻区の将来像である自然と歴史文化を楽しむまちづくりに武蔵第六天神社、末田須賀堰周辺地域と元荒川はうってつけの場所で、元荒川和船まつりはそれらの魅力を引き出し、観光資源として多くの人を引き付けるイベントに成長させていきたい。」と力を込める。
屋形船(有料)には、つきのき広場の船着き場から乗ることができる。
末田須賀堰に堰き止められて現れる広々とした「すずみ湖」から元荒川を遡り、ゆったりと進む船の川面近くから周辺の野趣たっぷりの景観を見ることが、最大の目玉である。
神社に着いたら、願い事を書いた短冊を笹竹に結んで、境内に七夕飾りをつくる(無料)のも楽しみだ。
つきのき広場にはステージが設けられコンサートが開かれる。
またキッチンカ―が出店し味覚が味わえる。
他に、フォトコンテストやカヌー体験コーナー(有料)なども用意。
ここで夏のひと時を過ごしてみてはいかがか。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る