タマコチで 猫の保護活動

らうんじ4面と7面を担当する「おうちカフェ・タマコチ」では、猫の保護活動に協力しています。
日本国内では毎年、多くの野良猫たちが殺処分をされている現状もあります。
一般的に猫は、犬と比較して一生涯のうちに2回〜3回にかけて、15匹以上の子どもを産むといわれています。
そのうち産まれてまもない子猫たちが、殺処分により命を失っている現状もあります。
殺処分「ゼロ」を目指し取り組んでいる埼玉県の統計によれば、平成28年度に保護された猫は880匹。
平成29年度は672匹とされている一方で、殺処分された猫が579匹もいるという現実もあります。
街中でもし、野良猫の子猫をみかけたら、ぜひタマコチへご一報ください。
同じ地球に生きる仲間として、猫を助けたい。命を守りたいと、スタッフ一同心より願っています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 共栄大学ジャズサークル
    共栄大学ジャズサークル 紺野トリオ 「岩槻駅東口クレセント・モール」で平成30年…
  2. かみしもどーる
    清水勇人さいたま市長への贈呈式の様子 岩槻人形協同組合と文京学院大学との連携により誕生した…
  3. 朝顔市
    昨年開催の様子 平成30年7月1日(日)の午前9時から午後2時まで、岩槻駅東口クレセントモ…
  4. 元荒川と黒浜の田んぼ。 東岩槻の工業団地を西へ抜けると、蓮田市黒浜の田んぼが広がる。 元荒川( …
ページ上部へ戻る